社畜経験談

人間関係・仕事の悩みが睡眠にまで影響される話

更新日:

どうも、ぱぺまぺです。

仕事や人間関係の悩みって、日中だけでなく睡眠にまで影響されますよね。

寝るときぐらいはそういうのは忘れたいです・・・。

 

時間が解決してくれるかもしれない人間関係はともかく、そのまえにこっちの体が壊れそう。

まえにこういうnote書きましたが、疲労感はまだ回復しないですね・・・。

今日こんなこと考えた10分日記『疲労感・ストレス・真夜中の目覚め』

 

一番さくっと解決するのが転職することなんでしょうね。

少なくとも、今の会社に関連する悩みは消えるでしょう。

 

精神的な疲労・ストレスが、睡眠にまで影響される

 

会社にいって生活費を稼ぐのはいいですが、その引き換えに精神的疲労とストレスで身体を壊してしまっては意味がないです。

 

人生の三分の一が仕事でしょうが、残りの時間まで仕事のせいでつぶされたらたまったものではありませんね。

 

現状では転職してガラッと環境を変えるのが一番。

もしくは、上司や友人に相談するとか。

 

ぱぺまぺの場合は、、、こういう相談ができる友人はいません。

小さな会社ですし、問題の原因がもしも上司だったりすると相談できませんよね。

 

だから困るわけですが・・・。

いや、もうね、労働以外での時間がとても貴重なのに(睡眠時間も含めて)、その貴重な時間がストレスによってつぶされるというのがとてつもなくたまらない。

 

夜中に目覚める

 

ストレスや精神的疲労がたかまると、ぐっすり眠れるのかとおもいきや、ぱぺまぺの場合はそうではありませんでした。

なぜかはしりませんが、ふと夜中に目覚めてしまう。

 

ちなみに、早く寝ても同じです。

早く眠ったらそのぶんはやく起きてしまう。

 

じゃあ二度寝すればいいんでしょうが、社畜の朝は早いのです。

微妙な時間に起きてしまうと、二度寝したらかえて寝坊してしまう。

 

寝坊したらめちゃくそ怒られますよね。。。

 

というわけで二度寝もしませんね。

 

今はだいぶ落ち着いていますが、一時期はほぼ毎日のように目覚めていたので、実質の睡眠時間が4時間とかザラでしたね。

勤務時間のお昼休憩になれば眠ることもできるので昼寝して解消していましたが、、、

 

いつまでもこんな生活できません。

ぱぺまぺは今は30代ですが、そんな生活あと20~30年後まで続けろって??

 

それはちょっと、、、いや、ちょっとどころかけっこう厳しいですよ??

 

というわけで、身体と精神が壊れるまえに退避したほうがよさそうですね。

 

ぱぺまぺみたいな経験は、たぶん他の会社でもあるんでしょうね。

どんな感じか聞いてみたいものです。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

-社畜経験談

Copyright© ぱぺまぺの社畜のための転職脱出計画 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.