社畜経験談

会社に時間を強奪される苦痛

更新日:

どうも、ぱぺまぺです。

 

週6連勤がデフォルトな平均的な社畜なんですけど、やっぱり貴重な休日である日曜って重要じゃないですか。

 

貴重な休日は、ゆっくりゆったり休みたい。

 

ふつうに考えて、週6連勤の疲れが1日の休みで癒えるわけない笑

 

休日出勤で貴重な時間を奪われるのも苦痛なんですが、仕事が終わった後に雑談で40分から1時間話して帰る時間が遅くなるというのもめちゃくちゃ苦痛です。

 

いやもうね、早く帰らせてください、としかいえない。

早くかえって自分のことしたほうが有意義な時間過ごせます。

 

ついでに、今回の記事に通ずるnoteを書いていたので、良かったらどうぞ。

今日こんなこと考えた10分日記『自分の時間を強奪される』

 

残業でもない定時後の時間は、早く帰ろう

 

残業ならまだ、時間がお金に替わるからいいんですがね。

残業はイヤですが。

 

しかしただの雑談で帰宅時間が遅くなるはやめてほしいです。

ちょっと前の出来事ですが、夕方16時30分ごろに仕事がだいたいになったんですが、、、

 

早めに業務が終わったんで帰れるのかとおもいきや、そこからなんと1時間も上司たちで雑談が始まったんですよね。

 

1時間って、どんだけ話すねん。

って心の中でつっこみました。

 

そんなのムシして帰ればいいと思うでしょうが、そうもいかない事情と空気感があるんですよね。

はやく帰ろうとすると、帰る気にばかりなるなと怒られるし。

 

その雑談、翌日の仕事開始前にしてください。

 

通勤時間が長いので、1日の時間がよけいに貴重です。

仕事は選べます

 

 

仕事に対する価値観は人それぞれです。

ぱぺまぺは、仕事は生活に困らない程度にほどほどにがんばり、早く帰って副業とか自分の資産になるようなことがしたいです。

 

  • 仕事はいくらがんばってもそう簡単に給料はあがらない
  • 副業はやりようでいくらでも収入を伸ばせる

 

ぱぺまぺは長距離通勤なんで、1時間の遅れはすなわち、自分に充てられる時間がそのぶん減ることを意味します。

 

会社から近い人はいいですよ。

1時間しゃべったあと20~30分で帰宅できるんですから。

 

ぱぺまぺはその時間はまだ家に帰れません。

彼らがお風呂はいったりご飯たべてテレビをみてゆっくりし始まるころに、ようやく家に着くのです。

 

そういうわけなんで、はやく帰りたいです。

 

長距離通勤の弊害ですね・・・。

 

会社から近いところに住めば、もう少し自分の時間増やせますね。

雑談していて、ありとあらゆる関係性とか空気感とかすべてをぶち壊して帰るという強引的手法を使えれば話が早いですが、翌日以降の社内関係が終わりそうですがね。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

-社畜経験談

Copyright© ぱぺまぺの社畜のための転職脱出計画 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.