未分類

精神的に楽にする、上司の暴言対処法

更新日:

どうも、ぱぺまぺです。

いつも社畜していて、社畜の日常風景として上司の暴言とかありますよね。

仕事上のミスでいわれるのは仕方ないです。

ですが、そうでないこともありますよね。

 

仕事上のミスはともかくも、そうでないこともあります。

仕事上のミスはあなたのために怒っている、という感じで思考すればまだ納得は出来ます。

 

そういうのが小さく積み上がっていきますね。

これを対処しないとのちのち心がぶっ壊れます。

 

今回は⬆のような状況を毎日経験して社畜しているぱぺまぺが教える、精神的に楽にする方法を紹介します。

結論を先にいうと、

  • 思考停止する

これに尽きます。

 

上司への反抗はNG、暴言には思考停止して諦める

 

上司からの言葉の暴力とかいわれのない理不尽な言動。

まあそこそこいろいろありますよ。

 

平気な人はいいかもしれませんが、そうでない人が多数だと考えます。

上司に叱られてやる気出す、発憤して仕事がんばる、という人はいいですね。

 

ですが、大概の人はかなり気落ちしたりショックだったり、その日1日ずっとそのことが頭が残ってたり、ということはよくあります。

 

そのまま次の日以降まで残っていると最悪で、そのモヤモヤが残っているうちにまた同じくいろいろいわれて気落ちして、以下ループ。

 

⬆のような出来事はぱぺまぺは日常茶飯事です。

朝起きてご飯食べて、会社行く、というぐらい普通のことのように毎日あります。

毎日。

 

もちろん、ちゃんと正当な理由があっていわれるのであれば仕方ないです。

ですが、だからといって過度な言葉の暴力は不適切です。

 

ぱぺまぺは精神的に弱い人間なんで、かなり落ち込みますし、自己嫌悪に陥ったりするんですね。

なんでそこまでいわれなきゃならないんだろう、みたいな。

 

容赦なくいわれっぱなしで我慢できない人は反抗するでしょうね。

もしくは正当な理由があるとか。

 

いわれたらいわれっぱなしのまま、という人は一定数います。

反抗したら次顔合わせづらいとか仕事やりづらいとか。

そもそも反抗する気力するない、とか。

 

自分が我慢したほうがいいかな、という思考になるんですね。

そうなったらもう後は、思考停止しています。

 

怒りという感情はエネルギーを使うので持続しません。

なのでほとぼりが冷めるまではサンドバッグになるしかないんですね。

 

その場しのぎにはなりますが、相手をさらに怒らせないように注意です。

こちらは精神的に激しく消耗しますが・・・。

ミスは、ミスしないように仕事するとか対処しようがありますが、ムチャぶりみたいな暴言、言動はどうしもありません。

 

不意打ちすぎるし。

 

このへんが人間関係の難しいところです。

残念ですけど、人とはどこまでいっても他人なんですよね。

 

どんなに仲の良い上司だったとしても。

上司は選べないが、仕事は選べるということを忘れない

仕事は選べます

 

上司を自由に選べればいいのですが、そうもいかないのが会社です。

上司は部下を選べますがね・・・。

 

ぶっちゃけ、気に入った部下を良くしたり近くにおいてひいきすることもできますし、気に入らない部下は遠くに追いやることも可能ですから。

そういう、上司に気に入られる努力をある程度しないとならない人間関係なんですよね、上司と部下。

 

上司は選べませんが、会社は選べます。

ただ実際会社に入ってみないとわからないのが現状ですが・・・。

 

⬇の表は転職支援15年以上の転職に役立つおすすめ情報サイトAfterSeasonがまとめた比較表です。

 

次の仕事先に悩むなら、転職サイト、転職エージェントを活用してみましょう。

自分で探すのもいいですが、そのほうが効率的です。

 


転職サイト・転職エージェントおすすめ早見表より

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

-未分類

Copyright© ぱぺまぺの社畜のための転職脱出計画 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.